196の日記

完全に開発メモと雑談、その他忘れそうな計算式などを書き溜める場所になっています!

Unity Xcode Validate Your binary is not optimized for iPhone 5 - New iPhone...

f:id:thinline196:20161124140217p:plain

この画面が見たかった!

UnityからIOS向けにビルドを行い、XcodeでValidateをしてからAppStoreにアップロード?する感じだと思うのですが(現時点でそこまでやっていない)、とりあえず長時間壁となり立ちはだかったValidateについてメモしておこうと思い立ちました。

 ただ、Unityから書き出したものをXcodeからアップロードする工程を描いてくださっているサイトが少なかったため、かなり遠回りをしたと思います。今回は、念の為やったことを全て書き落とそうと思っていますが、おそらく必要でないものを混じっているので、何かエラーが出たらそちらに従ってください。

UnityからBuild

これを行う前に色々と心配だったので、[Ploject Setting>Player]から入念に設定をいたしました
iconやSplash画像も、念のため全ての項目に画像を差し込んでしまいました。(Androidの時はもっと簡単だったので結構戸惑いました。もしかしたらこんなに必要ないのかも)バージョンなどもしっかりと確認!終わったらBuildを行ってください。終わったら、書き出されたフォルダの.xcodeproj ファイルをダブルクリックすることで、Xcodeから書き出したプロジェクトを開くことができます。

validateで起きたエラー

[Product>archive]よりvalidateが可能ですが、ここで因縁のえらーが現れます。

iTunes Store operation failed.
Your binary is not optimized for iPhone 5 - New iPhone apps and app updates submitted 
must support the 4-inch display on iPhone 5 and must include a launch image referenced 
in the Info.plist under UILaunchImages with a UILaunchImageSize value set to {320, 568}. 
Launch images must be PNG files and located at the top-level of your bundle, or provided 
within each .lproj folder if you localize your launch images. Learn more about iPhone 5 support 
and app launch images by reviewing the 'iOS Human Interface Guidelines' at 'https://developer.apple.com/library/ios/documentation/UserExperience/Conceptual/
MobileHIG/IconsImages/IconsImages.html#//apple_ref/doc/uid/TP40006556-CH14-SW5' 
and the 'iOS App Programming Guide' at 'https://developer.apple.com/library/ios/documentation/iPhone/Conceptual/iPhoneOSProgrammingGuide/App-RelatedResources/App-RelatedResources.html#//apple_ref/doc/uid/TP40007072-CH6-SW12'.

うーん。。Xcodeは使ったことがないので、よくわからない。。というのと、一から設定を自分でしたわけではなく、Unityがある程度自動てファイルを作ってくれているため、ファイルの構成などもイマイチよくわからない!

試行錯誤結果

[iPhone] Provisioning Profile の作成 | iPhoneアプリ開発
細かいstore側の設定はこちらのものを参考にして行いました。Provisioning Profileを作成してダウンロードしておきました。

そしておそらく、この青色反転されているここの部分を設定したことがエラーの解消に繋がったかもしれません。
f:id:thinline196:20161124143251p:plain
App Icon SourceとLaunch Images Sourceには念のため、全てに画像をセット。

===追記===
再びアップロードをする機会があったので少し違う手順で行ってみた結果、上に書いたApp Icon Source と Launch Images Sourceは変更せずともvalidate通りました。
===ここまで追記===

僕はこれで、ビルドが成功しました。

英語人さんの知恵袋をあさっていたところ、画像を追加するというものがとても多かったのですが、(というかエラーにもその趣旨が描いてある)先ほども言った通りUnityにファイルの管理をまかせてしまっているので、おそらく本来はこの作業はUnityプロジェクトからのものには必要ないのではと考えました。(Unityのリファレンスにもこのような書き込みはなかった)ならば、自分の設定ミスを疑うべきと思い、色々といじりました。info.plistが怪しかったので、ここに時間を取られちゃったかな。結局はやっぱり自分のファイルの指定ミス。Androidの時より作業が複雑でわかりにくいですが、頑張って慣れていきたいと思います。