196の日記

完全に開発メモと雑談、その他忘れそうな計算式などを書き溜める場所になっています!

Ruby on Rails5 ~アプリケーション作成から編集まで

タイトル通りです。笑


アプリケーションの生成

まずは、作業フォルダを作成しましょう!僕はC:\直下に"rails"というフォルダを生成してそこで作業を行いました。以下のコマンドで、railsのアプリケーションが実行したディレクトリ内に生成されます。

//railsフォルダの中にrailsTestフォルダとそのアプリケーションが生成されます。
C:\rails>rails new railsTest

では、サーバーを走らせてみましょう。起動させたいアプリケーションのフォルダ内に移動してから、serverコマンドを実行します。

//ディレクトリの移動
C:\rails>cd railsTest
//アプリケーションの起動
C:\rails\railsTest>rails server

これをしたら、http://localhost:3000/ に接続してみましょう!以下のようなページにつながれば成功です。
f:id:thinline196:20161019004951p:plain

この写真実は少し前に撮ったので古いです。rubyのバージョンは2.3.1です。

自分でViewを作る

HTMLなどでは、最初にindexページが呼ばれますよね。railsでもそんな感じなページを作ることができます。以下のコマンドはrailsTest内にhello_controllerとそこから呼ばれるindexなどの一群を生成してくれます!

C:\rails\railsTest>rails generate controller hello index
   //出力
      create  app/controllers/hello_controller.rb
       route  get 'hello/index'
      invoke  erb
      create    app/views/hello
      create    app/views/hello/index.html.erb
      invoke  test_unit
      create    test/controllers/hello_controller_test.rb
      invoke  helper
      create    app/helpers/hello_helper.rb
      invoke    test_unit
      invoke  assets
      invoke    coffee
      create      app/assets/javascripts/hello.coffee
      invoke    scss
      create      app/assets/stylesheets/hello.scss

ではこのページを開いてみましょう!config/routes.rbファイルに get 'hello/index' と書いてあるので、rails serverコマンドを実行してから、ブラウザで http://localhost:3000/hello/index にアクセスすれば、そのページにつながります。ですが、indexページはデフォルトでつながってほしいので、config/routes.rbファイルの get の部分を以下に書き換えます。

get 'hello' => 'hello#index'

こうすることによって、http://localhost:3000/hello に繋ぐだけで、hello の index に飛ぶことができます!その結果。。
f:id:thinline196:20161022164234p:plain

おや?エラーが出てしまいました。

エラーの解消

railsTestフォルダ内のGemfileを開いて下さい。そして、最下部に以下の文を追加して保存してください。

gem "coffee-script-source" , '1.8.0'

railsTestディレクトリ内で以下のコマンドを実行してください。

C:\rails\railsTest>bundle update coffee-script-source

再びサーバーを立ち上げ、viewを確認してみましょう。

f:id:thinline196:20161022164212p:plain
無事viewを閲覧することができました! app/views/hello/index.html.erb を編集してあげれば、viewが変更されます。