196の日記

完全に開発メモと雑談、その他忘れそうな計算式などを書き溜める場所になっています!

C# 配列をランダムな並びにする

何かコップの並びをランダムに並べたい場合など、連続するものをシャッフルする際に役立つかも

Unity UNET 特定のアドレス,ポートに接続できない(Windows)

別にUnityに限った話ではないですが、unetで固定ipとポートを指定してそのアドレスに立てたサーバにアクセスできない時の対処法。ネットワーク周りに疎い僕のようなUnityユーザはわんさかいるのではないでしょうか笑


今回はWindows Firewallが原因でした。(McAfee使ってますがここは特に関係なし)

[コントロールパネル] > [システムとセキュリティ] > [windows ファイアウォールによるアプリケーションの許可] > [別のアプリの許可]


ここからProgram FileフォルダにあるUnity.exeを登録してやってください。外からアクセスする場合があるのならパブリックに設定。

Unity ワールド座標とローカル座標の変換

DestroyImmediate、マルチタッチ無効、ローカルとワールド座標の変換【Unity】 - (:3[kanのメモ帳]


ワールド座標を特定のオブジェクトのローカル座標に変換

transform.InverseTransformPoint (worldPos);

その逆

transform.TransformPoint (localPos);


Inverseの方を使う場合は、スクリプトをどこに貼ったかを気にしながら使わないと、予期しない座標変換をされるので気をつけて。

Unity コルーチンが止まる

呼び出し元のクラスが削除, またはActiveがfalseになった場合, コルーチン処理は途中で中断されます。


[Unity]コルーチンは呼び出し元が無効になるとストップしてしまう | ma_comu雑記帳


ただし、呼び出し元が消えるのと同じフレーム内の処理はおそらく呼ばれるかと思います。(体感) 念のため, 消える可能性があるクラスからは呼ばずに別の常駐するクラスにコルーチン呼び出しメソッドを作って、それを呼ぶことで中断が回避されるかと思います。(当然ですが、削除されるクラス内に実装されたコルーチンも中断するはずです)

Distance 耳コピ&tabメモ

Distance 好きなんです。笑

寒い冷たい夜な感じの曲調が好きです!ギターのディレイがとてもいい空気感を作っていると思います。とっても切ない曲ですね。今のミスチルがさらに編曲するならきっとラスサビでもう少し盛り上げてくれそうな感じもします笑 



で, 一応コピッタときのメモ書きも残しておきます。相変わらず楽譜書けません笑
昔コピーした曲をふと弾きたくなった時に、これあると便利なんですよね。 もっと昔からメモ取っておけばよかったです。


六弦は五線譜の下にはみ出して書いてあります。が、今回はあんまり6弦使わず。。。今回は5カポですが、カポなくても弾けます。ソロなんかは, カポがついているとサスティンが衰退してしまって少し残念になるので、本当はカポなしがいいと思います!

f:id:thinline196:20170815021428j:plain
f:id:thinline196:20170815021414j:plain



少しでもコピーの助けになれれば幸いです。。。

Unity SpriteからTextureを切り抜き 透明ポリゴン

tsubakit1.hateblo.jp


2Dゲームなんかを作る時に、一つの画像データに複数のイメージをまとめておいて、読み込む時に切り抜いて使用する事ありますよね。
その時、少し注意しないと、大きさが崩れます。特に、切り抜いた後その画像のサイズなんかを使う際には、意図した大きさと変わっている事で、配置バランスが崩れることもあるので注意ですね。

原因は、透明なポリゴンが画像の周りに含まれていること



デフォルトでは、どうやら透明ポリゴンが画像の周囲を囲っている場合、上手くそれを無視して切り抜くそうで、結果的にtextureのサイズは一回り小さくなります。
Unityさんやっぱり賢いので、そういうところまで融通を聞かせてくれるんですね。





上のリンク先の方が解決してくれていますが、Sprite.Create()の第6引数に注意することですね。

// スライス
Sprite tile = Sprite.Create(textureMap.texture, rect, pivot, this.tiledMap.TileWidth, 0, SpriteMeshType.FullRect);


FullRectを指定することによって、透明なポリゴンの部分も考慮して切り抜かれます。全てのマップのピクセルを統一している時などに、注意が必要です。

Unity TiledMapEditorで作成したものをUnityで読み込む


タイトル通り!

今回参考にさせていただいたサイト様はこちらです

https://anz-note.tumblr.com/post/120453126046/unitytiledmapを読み込んでマップ作ってみたけど無念っていう話
tmblr.co



とてもありがたいです!ただ残念ながらTiledMapEditorさんの保存ファイルの中身が若干変わっていたので, そのままでは使えない状態でした。。なので、最低限使えるように色々と書き足しました。
最後に今回のプロジェクトのgitを貼っておくので、動かしながら僕の汚いコードを読み解いて見てください。。(原作者さんのコードはきっと綺麗ですよ!)



ちなみに、TiledMapEditorはこちらから無料でインストールできます。



バージョン

Unity 5.5.1f1 Personal
TiledMapEditor 1.0.2


使い方

基本的には原作者さんのページをご覧ください。どういう意図で作られているかが、わかるかと思います。



まず、TiledMapEditorの方はこんな感じ
f:id:thinline196:20170811020226p:plain




カスタムプロパティやオブジェクトの情報は読み込めはしますが、そこから料理するのは個々で変わってくると思うので、ほとんど何もできません。(唯一、原作者さんが作ってくれたIsCollision機能は、Sprite描画パターンでのみ動きます。)




今回のメインの保存ファイルはtestMap.tmx, メインに使ったタイルの情報はsiba.tsxとtownObject.tsxファイルに保存されています。Unityではこれらのファイルは読み込めないので、手動でxmlファイルに書き換えてください。



今回はこのように配置します。(Resourcesフォルダ以下の内訳です)
f:id:thinline196:20170811020648p:plain



Resources/Tiles/以下のファイルはタイルのxmlファイルとそれに使用した画像を配置します。一応仕様になっているので、変更したい方はスクリプト内から "Tiles/" の文字列を探して見てください。
testMap.xmlファイルは今回はエディタ上で紐付けしていますが、そのうち動的に呼び出すと思うので、まとめてフォルダに入れておくのがいいと思います。



その紐付けしているのがココ
f:id:thinline196:20170811021055p:plain


Spriteチェックをつけると、全てのパネルが別々のSpriteに格納された状態で、マップが生成されます。外した場合は、レイヤーごとに1枚のTextureとしてマップが生成されます。後者の方が総合的におそらく負荷が軽いはず。ただ、動的に変更させる部分はSrpiteで個別に作るのがいいかもです。



実行するとこのようになります。
f:id:thinline196:20170811021402p:plain




その他

xmlの情報は全て格納されているはずなので、カスタムプロパティなどはNameで検索して、そこからうまく使ってあげてください!おそらくまた保存の仕様が変更になる事があると思うので、その時は格納クラスを上手く書き換えてください。
・どこから手をつけていいかわからない方は、僕のtestMap.xmlファイルとそれに対応するTiledMapクラスを見比べていただければいいかと思います。


最後に

コード汚くてすいません!!
他人のコードの沿って、色々と機能をつけていると、どうしても汚くなってしまう。。。。おそらく仕事などで普段から大人数が目を通すコードを描いているなら、読み方書き方がわかると思うのですが、、笑 


今回僕が行なったのは、xmlからデシリアライズできるように、格納するクラスを仕様変更に沿って書き換えたりしただけですので、やはり原作者さんは素晴らしいですね。痛感いたしました。
と、同時にxmlに対して食わず嫌いな部分があったので、少し克服できたかなと思います。



github.com